1
0
Fork 0

[skip ci] Updated translations via Crowdin

This commit is contained in:
GiteaBot 2023-09-22 00:22:57 +00:00
parent 28f9b313ba
commit 383edf2fd7
1 changed files with 22 additions and 1 deletions

View File

@ -180,6 +180,7 @@ network_error=ネットワークエラー
[startpage]
app_desc=自分で立てる、超簡単 Git サービス
install=簡単インストール
install_desc=シンプルに、プラットフォームに応じて<a target="_blank" rel="noopener noreferrer" href="https://docs.gitea.com/installation/install-from-binary">バイナリを実行</a>したり、<a target="_blank" rel="noopener noreferrer" href="https://github.com/go-gitea/gitea/tree/master/docker">Docker</a>で動かしたり、<a target="_blank" rel="noopener noreferrer" href="https://docs.gitea.com/installation/install-from-package">パッケージ</a>を使うだけ。
platform=クロスプラットフォーム
platform_desc=Giteaは<a target="_blank" rel="noopener noreferrer" href="http://golang.org/">Go</a>でコンパイルできる環境ならどこでも動きます: Windows、macOS、Linux、ARM等々、好きなものを選んでください!
lightweight=軽量
@ -377,6 +378,7 @@ email_not_associate=このメールアドレスは、どのアカウントにも
send_reset_mail=アカウント回復メールを送信
reset_password=アカウントの回復
invalid_code=確認コードが無効か期限切れです。
invalid_code_forgot_password=確認コードは無効または期限切れです。 新しいセッションを開始するには<a href="%s">ここ</a>をクリックしてください。
invalid_password=アカウントの作成に使用されたパスワードと一致しません。
reset_password_helper=アカウント回復
reset_password_wrong_user=あなたは %s でサインイン中ですが、アカウント回復のリンクは %s のものです。
@ -678,6 +680,7 @@ choose_new_avatar=新しいアバターを選択
update_avatar=アバターを更新
delete_current_avatar=現在のアバターを削除
uploaded_avatar_not_a_image=アップロードしたファイルは画像ファイルではありません。
uploaded_avatar_is_too_big=アップロードされたファイルサイズ(%d KiB) が最大サイズ(%d KiB) を超えています。
update_avatar_success=アバターを更新しました。
update_user_avatar_success=ユーザーのアバターを更新しました。
@ -967,6 +970,7 @@ trust_model_helper_collaborator_committer=共同作業者+コミッター: 共
trust_model_helper_default=デフォルト: このシステムのデフォルトのトラストモデルを使用します
create_repo=リポジトリを作成
default_branch=デフォルトブランチ
default_branch_label=デフォルト
default_branch_helper=デフォルトブランチはプルリクエストとコードコミットのベースブランチとなります。
mirror_prune=Prune
mirror_prune_desc=不要になった古いリモートトラッキング参照を削除
@ -1466,9 +1470,18 @@ issues.ref_reopening_from=`<a href="%[3]s">が%[4]s、プルリクエストが
issues.ref_closed_from=`<a href="%[3]s">が%[4]s、このイシューをクローズ</a> <a id="%[1]s" href="#%[1]s">%[2]s</a>`
issues.ref_reopened_from=`<a href="%[3]s">が%[4]s、このイシューを再オープン</a> <a id="%[1]s" href="#%[1]s">%[2]s</a>`
issues.ref_from=` %[1]s にて`
issues.author=著作者
issues.author=作成者
issues.author_helper=このユーザーは作成者です。
issues.role.owner=オーナー
issues.role.owner_helper=このユーザーはこのリポジトリの所有者です。
issues.role.member=メンバー
issues.role.member_helper=このユーザーはこのリポジトリを所有している組織のメンバーです。
issues.role.collaborator=共同作業者
issues.role.collaborator_helper=このユーザーはリポジトリ上で共同作業するように招待されています。
issues.role.first_time_contributor=初めての貢献者
issues.role.first_time_contributor_helper=これは、このユーザーのリポジトリへの最初の貢献です。
issues.role.contributor=貢献者
issues.role.contributor_helper=このユーザーは以前にリポジトリにコミットしています。
issues.re_request_review=レビューを再依頼
issues.is_stale=このレビューのあと、このPRに変更がありました
issues.remove_request_review=レビュー依頼を取り消し
@ -1727,6 +1740,7 @@ pulls.rebase_conflict_summary=エラーメッセージ
pulls.unrelated_histories=マージ失敗: マージHEADとベースには共通する履歴がありません。 ヒント: 別のストラテジーを試してみてください
pulls.merge_out_of_date=マージ失敗: マージの生成中にベースが更新されました。 ヒント: もう一度試してみてください
pulls.head_out_of_date=マージ失敗: マージの生成中に head が更新されました。 ヒント: もう一度試してみてください
pulls.has_merged=失敗: プルリクエストはマージされていました。再度マージしたり、ターゲットブランチを変更することはできません。
pulls.push_rejected=マージ失敗: プッシュは拒否されました。 このリポジトリのGitフックを見直してください。
pulls.push_rejected_summary=拒否メッセージ全体:
pulls.push_rejected_no_message=マージ失敗: プッシュは拒否され、リモートからのメッセージはありません。<br>このリポジトリのGitフックを見直してください
@ -1792,6 +1806,8 @@ milestones.edit_success=マイルストーン "%s" を更新しました。
milestones.deletion=マイルストーンの削除
milestones.deletion_desc=マイルストーンを削除すると、関連するすべてのイシューから除去されます。 続行しますか?
milestones.deletion_success=マイルストーンを削除しました。
milestones.filter_sort.earliest_due_data=期日が早い順
milestones.filter_sort.latest_due_date=期日が遅い順
milestones.filter_sort.least_complete=消化率の低い順
milestones.filter_sort.most_complete=消化率の高い順
milestones.filter_sort.most_issues=イシューの多い順
@ -2289,6 +2305,7 @@ settings.tags.protection.allowed.teams=許可するチーム
settings.tags.protection.allowed.noone=なし
settings.tags.protection.create=タグを保護
settings.tags.protection.none=タグは保護されていません。
settings.tags.protection.pattern.description=ひとつのタグ名か、複数のタグにマッチするglobパターンまたは正規表現を使用できます。 詳しくは<a target="_blank" rel="noopener" href="https://docs.gitea.com/usage/protected-tags">タグの保護ガイド</a> をご覧ください。
settings.bot_token=Botトークン
settings.chat_id=チャットID
settings.matrix.homeserver_url=ホームサーバー URL
@ -2680,6 +2697,7 @@ dashboard.reinit_missing_repos=レコードが存在するが見当たらない
dashboard.sync_external_users=外部ユーザーデータの同期
dashboard.cleanup_hook_task_table=hook_taskテーブルのクリーンアップ
dashboard.cleanup_packages=期限切れパッケージのクリーンアップ
dashboard.cleanup_actions=Actionsの期限切れのログとアーティファクトのクリーンアップ
dashboard.server_uptime=サーバーの稼働時間
dashboard.current_goroutine=現在のGoroutine数
dashboard.current_memory_usage=現在のメモリ使用量
@ -2822,10 +2840,12 @@ packages.size=サイズ
packages.published=配布
defaulthooks=デフォルトWebhook
defaulthooks.desc=Webhookは、特定のGiteaイベントのトリガーが発生した際に、自動的にHTTP POSTリクエストをサーバーへ送信するものです。 ここで定義されたWebhookはデフォルトとなり、全ての新規リポジトリにコピーされます。 詳しくは<a target="_blank" rel="noopener" href="https://docs.gitea.com/usage/webhooks">Webhooksガイド</a>をご覧下さい。
defaulthooks.add_webhook=デフォルトWebhookの追加
defaulthooks.update_webhook=デフォルトWebhookの更新
systemhooks=システムWebhook
systemhooks.desc=Webhookは、特定のGiteaイベントのトリガーが発生した際に、自動的にHTTP POSTリクエストをサーバーへ送信するものです。 ここで定義したWebhookはシステム内のすべてのリポジトリで呼び出されます。 そのため、パフォーマンスに及ぼす影響を考慮したうえで設定してください。 詳しくは<a target="_blank" rel="noopener" href="https://docs.gitea.com/usage/webhooks">Webhooksガイド</a>をご覧下さい。
systemhooks.add_webhook=システムWebhookを追加
systemhooks.update_webhook=システムWebhookを更新
@ -2930,6 +2950,7 @@ auths.tip.google_plus=OAuth2クライアント資格情報を、Google APIコン
auths.tip.openid_connect=OpenID Connect DiscoveryのURL (<server>/.well-known/openid-configuration) をエンドポイントとして指定してください
auths.tip.twitter=https://dev.twitter.com/apps へアクセスしてアプリケーションを作成し、“Allow this application to be used to Sign in with Twitter”オプションを有効にしてください。
auths.tip.discord=新しいアプリケーションを https://discordapp.com/developers/applications/me から登録してください。
auths.tip.gitea=新しいOAuthアプリケーションを登録してください。 利用ガイドは https://docs.gitea.com/development/oauth2-provider にあります
auths.tip.yandex=`https://oauth.yandex.com/client/new で新しいアプリケーションを作成してください。 "Yandex.Passport API" セクションで次の項目を許可します: "Access to email address"、"Access to user avatar"、"Access to username, first name and surname, gender"`
auths.tip.mastodon=認証したいMastodonインスタンスのカスタムURLを入力してください (入力しない場合はデフォルトのURLを使用します)
auths.edit=認証ソースの編集